プラハから1時間でいくことのできるクトナー・ホラ

プラハの東、約65kmに位置する小さな都市、クトナー・ホラは聖バルバラ教会とセドレツの聖母マリア大聖堂のある歴史地区が世界遺産となっています。プラハ本駅からクトナー・ホラ本駅へは一日10便以上の電車が運行されており、約55分で訪れることができるアクセスの良さが魅力です。クトナー・ホラ本駅近くには聖母マリア大聖堂や墓地教会があり、歴史ある建物を目にすることができます。そこから歩いて30分程の旧市街には聖ヤコブ教会やフラーデク鉱山博物館、ゴシック建築の青い屋根をもつ聖バルバラ教会があります。クトナー・ホラーは中世を感じさせる街並みが魅力となっており、点在するこれらのスポットを楽しみながら街歩きを楽しむのがおすすめです。

ちょっと足をのばして世界遺産チェスキー・クルムロフへ

1992年にユネスコの世界遺産に登録されたチェスキー・クルムロフは世界で最も美しい街とされています。赤レンガの屋根に白い壁、ヴルタヴァ川に囲まれた古い町並みは中世にタイムスリップしたかのような錯覚に陥ります。電車ではプラハ本駅からはチェスケー・ブディェヨヴィツェ経由で約3時間40分程かかり、お世辞にもアクセスが良いとは言えません。しかしプラハからオプショナルツアーが催行しているため、気軽に日帰りで楽しむことができるスポットとなっています。チェスキー・クルムロフではボヘミア地方ではプラハ城に次ぐ大きな城、チェスキー・クルムロフ城を見ることができ、ガイド付きのツアーで荘厳華麗な城内見学を楽しめます。